夜勤専従看護師は高給料?|ナース転職ガイド

夜勤専従の看護師は稼げるの?

夜勤専従看護師って稼げると聞くけど、実際のところはどうなんでしょうか?

 

夜勤専従の看護師は夜勤のシフトのみで勤務となり、主に非常勤が多いですが、最近では常勤の採用というのも増えてきているようです。
常勤の看護師であれば、夜勤は月に8回までとなっていますが、非常勤であれば何度でも働くことが出来るということになります。

 

非常勤の待遇としては1回の給与が30,000〜35,000円程度です。昇給やボーナスなどはありませんが、時間外や夜勤の手当が大きく、時間で計算するととても効率的に稼げる仕事であるといえます。
常勤の場合は、他のスタッフと同じように賞与などの待遇を受けることが出来ますし、継続的に患者のことを把握することができるので、やりがいもあがるでしょう。

 

夜勤専従のよいところは、夜勤だけなので生活のリズムが作りやすいことです。
また、1回の稼ぎが良いので、純粋な勤務日数が少なくなり休日も多くなります。

 

看護師は日勤と夜勤を繰り返すことで体のリズムが崩れやすくなるのですが、夜勤専従であれば、夜勤に向けてしっかりと睡眠時間をとるなどして準備ができ、休日に体を休める機会が多く作れるということになります。

 

また、非常勤であればサービス残業も少なく、委員会など、時間外に行う業務もありませんので、拘束時間も少なくなります。

 

夜勤専従看護師として働くことを選択する理由としては、他の仕事や学業との兼業で夜勤だけ働いている、昼間は家事・育児・介護などをしているので夜働く、稼ぎが良いから、余計な人間関係にかかわりたくないから、などいろいろな事情があるようです。

 

福利厚生の面を大切にしたいなら常勤、仕事以外の生活の部分にウェイトがあるなら非常勤といった考え方が良いでしょう。

夜勤専従で働こうとしたときにチェックするべきポイント

1.高すぎる給与には注意!

夜勤専従は人手不足に悩む病院ではどこでも重宝されます。
しかし、夜勤をする人がいないということは、それだけ看護師の人手が足りないということでもあります。スタッフが少ないということは、各自の負担も増えるということです。
高額な給与を設定しているところは、勤務も忙しくハードな場合がありますので、給与の額だけにつられないようにしましょう。

 

2.待遇はしっかりとチェックすること

夜勤専従の募集は、特に非常勤ともなれば各医療機関によって待遇がさまざまです。
勤務形態、各種手当ての計算のしかた、業務の担当内容など、しっかりと詳細を確認しましょう。

 

3.職場環境と人間関係を観察しよう

もうひとつ気をつけて欲しいのが、職場の環境と人間関係です。
夜勤中はどのくらいの忙しさなのかということをしっかりと調査しておくことが大切です。また、夜勤中は人が少ないので、自分以外に担当となる看護師との人間関係の構築がかなり重要です。
人手不足で忙しい職場では、相方となる人も疲れていてギスギスしているかもしれません。
働いている人たちの雰囲気というのも大事です。

 

 

自分だけでそういった内部のことまで調べ上げるのはとても難しいので、看護師転職サービスの力を借りましょう。
コンサルタントに依頼すれば、待遇や給与の条件などについてしっかりと考えてくれますし、経験による給料アップなどの交渉もしてくれます。
内部事情にも詳しいですし、職場の見学などもお願いしてくれるでしょう。

 

自分では思っても見なかった好条件の求人をみつけてくれることもありますので、どんどんコンサルタントに相談しましょう。

 

夜勤専従の求人を探すなら、ナースではたらこがおすすめです。
求人数が業界最大級の多さなので、常勤でも非常勤でもたくさんの求人がそろっており、希望の求人が見つけやすいですよ。

 

ナースではたらこの詳細はこちらから